住宅ローン借り換えランキング

住宅の借り換えローンランキング

説明君

当サイトの住宅ローンの借り換え借り換えの選び方借り換えQ&Aでも説明しているように、今現在の水準よりも高い金利で住宅ローンを借りていて、残りの返済期間も10年以上ある、残高も1000万円以上など一定の基準を満たしている方は住宅ローンの借り換えをすることをおすすめします。

 

借り換えという言葉で表されますが、通常借り換えとは新しくローンを組みなおすことにですから諸費用など注意は必要です。しかし現在では住宅ローンの借り換えにかなり力を入れサービスの充実を図っている金融機関も多く存在しています。

 

特に住信SBIネット銀行の住宅ローンは借り換えに力を入れた魅力的な商品です。借り換えでも通常ローンとまったく遜色の無い条件で、保証料・団信保険料・繰上げ返済手数料が無料。固定金利特約型の金利の大幅な優遇のため金利水準も日本一低くなっています。今まさに借り換えローンを検討されている方はまず住信SBIネット銀行にあたってみてはいかがでしょうか。当サイトNo.1のおすすめ住宅ローンです

 

他にも以前からずっと期待されてきた長期固定金利で低金利の住宅ローン、フラット35への借り換えができる「フラット35(保証型)」での借り換えもおすすめです。フラット35の好条件をそのまま借り換えでも利用できるというのは非常に魅力的で。しかも繰り上げ返済などは通常のものより条件の良い毎月1万円から1万円単位で行うことが可能になっています。

 

どちらの商品も繰り上げ返済が簡単にできるようになっています。早め早めの繰上げ返済は、総額をぐっと減らすことができますから積極的に活用していきたいですよね。

住宅ローン借り換えランキング (2015年4月 最新版)

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 借り換えでも最安水準の低金利が魅力
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 8疾病保障保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から可能
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安くそう返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準が魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み