フラット35へ借り換える

HOME > フラット35への借り換え

フラット35への借り換え

説明君

フラット35は住宅金融支援機構と民間金融機関がコラボして新しく作られた公的ローンこと。

最長35年の長期金利固定ローンであり、金利が他と比べて安いこと。保証料・繰り上げ返済手数料が無料であること。で現在住宅ローンの中でも注目が高く非常に人気が出ています。

また景気対策の一環としてフラット35の金利を10年間1%引き下げるというフラット35Sが登場したことでさらに人気が上昇しているのです。

フラット35は銀行の他、労働金庫、信用金庫、信用組合、また保険会社やいわゆるノンバンクなど多くの金融機関が取り扱っています。

そのフラット35の一つの大きな特徴、注意点として金利や手数料がそれぞれの金融機関によって違うという点があるのです。

ですから同じフラット35という名前の住宅ローンなのにあなたが選んだ金融機関によっては金利が高かったり手数料を多く取られるということも。フラット35はきちんと比較検討して決めなければいけません。

またフラット35は公的ローンでありながらその時その時のニーズに合わせて変化しています。そして現在ではフラット35への借り換えが可能になったのです。

長期固定で低金利というフラット35への借り換えはかなりメリットが多く以前から希望している方が多かったのですが、取扱金融機関が少ないことでなかなか実現が難しいものでした。しかし現在では取扱金融機関も増えより条件の良いフラット35への借り換えも可能になっています。

特に変動タイプで金利が上がっている方にはメリットが大きいフラット35への借り換えをおすすめします。

フラット35借り換えランキング (2017年3月 最新版)

王冠サムネイル詳細はこちら 楽天銀行 人気度

【フラット35最低水準の金利と手数料で人気】
楽天銀行のフラット35は最低水準の手数料と金利でフラット35の中でも人気が高く、独自サービスの充実などもあり借り換えも人気を集めています。楽天銀行はネット企業である楽天のノウハウをもとにネット専業銀行にすることで徹底したコスト削減を可能とし従来では不可能だった金利や諸費用を実現しました。楽天銀行に返済口座を作れば融資事務手数料は借入額の1.05%に引き下げられるスマイルプログラムなど住宅ローン借り換えの際にも大きなメリットとなるものが多くなっています。また親子リレー返済やさらに金利の低いフラット20などの商品ラインナップも豊富。支払総額が安い使い勝手のいい住宅ローンなのです。また入院保障付きの独自の失業特約なども用意され万が一の時のリスクにも対応。安心して返済していくことができるのもおおきな特徴。資料請求から契約まで来店不要ですから忙しい方でも手間がかからず人気のフラット35への借換を進めていくことが可能。フラット35を選ぶなら楽天銀行が一番のおすすめです。

スペック
王冠
サムネイル詳細はこちら
ARUHI 人気度
【8疾病保障特約・失業特約三ツ星くんなどで安心】
ARUHIはソフトバンクグループの金融会社。フラット35は現在どこよりも低い最低水準の金利を提供しフラット35シェアNo.1を実現。全国に100以上展開している住宅ローンショップでの相談や申し込みが可能で申し込みから実行まで最短1週間で対応など使い勝手の良さがポイント。また失業特約の三ツ星くんや日本人の3分の1の方が将来的には患うリスクがあるというガン(悪性新生物)・心疾患・脳血管疾患などの気なる8疾病保障特約もフラット35で日本で初めて付帯可能にするなどもしもの時の備えも安心です。金利を低く抑え、将来のリスクにもきちんと備えるといった借り手の立場に立ったサービスを提供してくれるところがARUHI一番の魅力です。低コスト・低金利でしかも安心まで手に入るARUHIが人気なのも当然です。
スペック