どのようにして選べばよいのでしょうか

借り換えローンの選び方

説明君

実際に住宅ローン借り換える場合にはどこに注目して、どの住宅ローンを選べばよいでしょうか?

 

今までは借り換えは民間の商品しか利用不可能でした。しかし、平成19年度から住宅金融支援機構が新しいタイプの「フラット35(保証型)」という商品を出したのです。この(保証型)の一番大きな特徴は借り換えでも利用できるという点にあります。

 

現在ではフラット35保証型を取り扱っている金融機関はほとんどなくなりましたが通常のフラット35でも借り換えを行うことが可能になっています。

 

固定タイプで低金利の住宅ローンに借り換えたいという方にはフラット35は有力な候補となっているのです。

 

フラット35は低金利なため人気がありますが注意しておかなければいけない点もあります。まず、団体信用生命保険料が必要になるということ。団信生命保険料が必要のない住宅ローンからの借り換えの場合諸費用がアップしてしまうことになるのです。

 

また繰り上げ返済手数料は無料ですが、100万円からという縛りがあるため、余裕がある時に気軽に繰り上げ返済を行うということが難しい点にも注意しておきましょう。

 

最近では固定金利タイプでもフラット35並みに金利が低い民間住宅ローンも出てきていますから、そういったものを活用するという方法もあります。

 

従来公的ローンは民間ローンよりも金利が低く、条件もいいというのが日本の常識でした。しかし、新生銀行住宅ローン住信SBIネット銀行の住宅ローンの登場によって状況は変わりつつあります。まずは住信SBIを検討してみてから、フラット35も考えてみる、そういう時代になってきているのかもしれません。

 

※「借り換え」と言っても、新規で住宅ローンをかりることですから実際の検討の際には、利用したいと考えている商品を取り扱っている金融機関に直接問い合わせてみましょう。

住宅ローン借り換えランキング

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 借り換えでも最安水準の低金利が魅力
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 8疾病保障保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から可能
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安くそう返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準が魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み