住宅ローン借り換えとは

HOME > 住宅ローン借り換えとは

住宅ローンの借り換えって何?

説明君

あなたが現在借りている住宅ローンは金利が高いなと思ったことはありませんか?もしくは、今よりもっと金利が低い住宅ローンなら月々の返済額も少なくなって楽になるのに・・と考えたことのある人はたくさんいると思います。

ゼロ金利政策は解除されたとはいえ現在はまだ低金利の状態が続いています。ですから金利の高い時代に住宅ローンを組んだ人や変動金利タイプの住宅ローンを組んだのだけど、当初の優遇期間が終わって、金利がグンと高くなったという方はより低金利のものに借り直したいと考えているのではないでしょうか。そんな時に具体的に考えたいのが住宅ローンの借り換えです。

ひとくちに「借り換え」といいますが実際には借り換えローンとは今現在組んでいる住宅ローンを一括で返済して、新たに住宅ローンを組み直すことを言います。ですからその際には、現在の借入金を一括で返済する費用、抵当権抹消の費用や、新たな住宅ローンを契約するのに必要な諸経費など様々な費用が必要になるのです。

借り換えで安くなった金額よりも諸費用のほうが多くなってしまうと借り換えの意味はまったくありません。借り換えをすれば常に得になるわけではないということを確認しておきましょう。

得する借り換えの目安

それでは得する借り換えを考える時に重要になるのは何でしょう。よく言われるのが金利差・ローン残高・返済期間の3つです。この3つのポイントをよく比較し検討して、借り換えがあなたにとって本当にベストなのかどうかを判断するようにしてください。大まかに借り替えたときに得になる数値の目安を挙げると。

1・現在のローンとの金利差が1%以上

2・残り返済期間が10年以上

3・ローンの残高が500万〜1000万以上

上記、全てに当てはまる場合は、借り換えの効果は非常に高いといえます。今すぐにでも実際に借り換えを検討されることをお勧めします。

金利差については1%以上なくても、仮に0.5%であっても特に返済期間が長い場合、借り換えた方がお得になることもあります。借り換えについて気になる方は是非研究してご相談なさってください。

住宅ローン借り換えランキング! (2017年4月 最新版)