よくある質問とその答え

借り換えローンのQ&A

Q&A集

住宅ローンの借り換えについて皆さんが疑問に思われる、よくある質問をまとめてみました。

 

Q:借り換えしたほうが有利なのはどんな場合ですか?

A:住宅ローンの借り換えを行うことで有利になる、得になる場合というのは一般的に、ローンの残高が500万〜1000万以上残っていて、返済期間が10年以上ある場合、そして借り換え前と後での金利の差が1%以上ある場合とされています。借り換えとは新規にローンを組むのと同じことですから諸費用も必要になってきます、借り換えにって発生した利益が借り換えにかかる費用より少ないとかえって損をしてしまうことになりますから注意しましょう。

 

Q:借り換え時に必要な諸費用にはどんなものがありますか?

A:まず現在あなたが住宅ローンを利用している金融機関にローンを一括返済するための繰り上げ返済手数料や抵当権抹消費用を支払う必用があります。新しく借り換えローンを組む金融機関では、新規にローンを組むことになりますから、登記の費用や、印紙税、事務手数料などで総額50万から80万円ほど必要になることもあります。もちろん、この金額は金融機関によって異なってくるものです。保証料無料などの場合は総額20万ほどで収まる場合もあります。

 

Q:借り換えが出来ない場合もあるのでしょうか?

A:その物件の担保評価額が、ローン残高よりも少なくなっている状態、すなわち担保割れしている場合は基本的には借り換えができません。ただし、一部では担保割れ物件でもローンの借り換えできるような商品を取り扱っている金融機関もあります。他にも過去に返済の長期延滞などがあると借り換えができません。その他、健康状態に問題がある場合・転職などで勤続年数が短い・借り入れに対しての収入が十分ではないなどでも借り換えが不可能になることもあります。

住宅ローン借り換えランキング

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 借り換えでも最安水準の低金利が魅力
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 全疾病保障保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から可能
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安くそう返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準が魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み