住宅ローン審査基準のQ&A

住宅ローン審査時の年齢は?

 

 

住宅ローンを組む時の年齢は審査に影響あり?


 

 

 

住宅ローンの審査はいろいろな審査があります。

 

主には返済負担率、年収、勤続年数、担保評価額、個人信用情報、そして年齢などが重要視されて、その他にも健康状態や雇用形態、取引状況などの合計で考えて審査します。

 

それらの審査の基準はそれぞれの機関によって異なりますが、一般的には年齢の審査の場合は、完済時の年齢が重要視されます。

 

その年齢は各機関によって違いますが、大体は70歳から75歳に設定されているところがおおくなっています。最高では80歳くらいまでのところもあります。

 

住宅ローンを組む理想の年齢は、定年になる前に完済出来るのが一番良く、審査にも通りやすくなりますが退職金を返済にあてたり、他の返済資源があれば、それも審査基準に考慮されます。

 

逆に年齢が若い場合は、基本的には20歳を超えていれば住宅ローンを組めます。しかし若ければいい訳ではありません。住宅ローンを借り入れする時は勤続年数も重要で、若い場合に借り入れする際には勤続年数は5年以上の方がおすすめ。20歳だとまだ勤続年数が足りません。

 

そして、その他に重要な問題は返済負担率の問題で、返済負担率とはあなたの所得から住宅ローンの額がどれだけ家計の負担になるかの率を出したもので、返済負担率は年齢の応じて設定されています。

 

理想的な負担率は、返済額が年収の20パーセント位ですが最高で35パーセント位までは可能性があります。

 

もちろん住宅ローンの審査は年齢だけではなく、あなたの仕事の内容なども考慮するので、年齢がたとえ若すぎても審査をクリアーできる場合もあるので、まずは条件の良い借入先を探して、計画的に借り入れを行なって下さい。

 


 

住宅ローン審査基準Q&Aのインデックスページに戻る

住宅ローンQ&Aに戻る

住宅ローン借り換えランキング

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 借り換えでも最安水準の低金利が魅力
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 全疾病保障保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から可能
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安くそう返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準が魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み