住宅ローン審査基準のQ&A

年収400万円で組める住宅ローンの上限は?

 

 

年収が400万円でどのくらいの金額を住宅ローンで借りられる?


 

 

 

住宅ローンを組む時に必ず必要になってくる年収返済比率をご存じですか?

 

住宅ローンを組む場合は、将来にわたってきちんと返していけるかどうかが最も重要な問題です。

 

自分の年収に似合った住宅ローンを組まなくてはいけないので、自分の年収に合わせて返済できる金額を出すのが年収返済比率といいます。

 

では年収400万円では、どれだけの金額を住宅ローンで借りることができるのか、計算してみましょう。

 

大体の標準値として多くの場合、返済比率は25%といわれています。なぜそうなるのかを先に説明します。

 

例えば、年収1000万円の人が、30年3%のローンで借り入れられるは額だいたい5900万円です。かたや、年収600万円の人が、30年3%のローンで借り入れられるは額だいたい3500万円。

 

年収300万円の人は1660万円しか借入できません。これでは、頭金を相当貯めないとなかなかいい物件にはめぐり合えません。

 

基準は年収の25%と言われていますが、「25%」というのは35年返済で借りた場合のひとつの目安なので、民間金融機関は一般的に35%とするところもあるようです。

 

では本題の年収400万円での、住宅ローン借り入れ金額ですが、最近よく言われる、収入基準が緩和されているフラット35を使えば、年収400万円でも3000万円ちょっとまで融資を受けることが可能です。

 

でもこれは、金利3%、35年返済、返済負担率35%ギリギリで計算した場合なので、35年間きちんと返せるのか、返済負担率35%ギリギリで生活できるのか、ということを冷静に考える必要があります。

 

そしてやはりこれは住宅ローン会社によって返済比率も変わってくるし、何年返済なのか?などの条件でも変わってきます。

 

自分の条件にあった融資を受けれるように、きちんと調べたり、住宅ローン会社に相談することが良いでしょう。

 


 

住宅ローン審査基準Q&Aのインデックスページに戻る

住宅ローンQ&Aに戻る

住宅ローン借り換えランキング

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 借り換えでも最安水準の低金利が魅力
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 全疾病保障保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から可能
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安くそう返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準が魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み