住宅ローン審査基準のQ&A

過去に消費者金融から借り入れ履歴

 

 

過去に消費者金融から借り入れ履歴があると住宅ローン審査に影響しますか?


 

 

 

住宅ローンを借り入れようとする時に、「現在は借り入れは無いが過去に消費者金融から借り入れの履歴がある」場合は審査が通らないのでしょうか?

 

これについては、本当に住宅ローンの金融機関・保証会社によって対応が異なるのです。

 

そこで会社によって違いますが、色々な条件でのパターンを説明しようと思います。

  • 消費者金融は1回でも利用すれば住宅ローンは不可である。
  • 消費者金融の利用が1回ならば可能。
  • 返しては借りてを繰り返すような利用の仕方をしていれば不可。
  • 限度額近くまでの利用が続いていたことがあるような場合は不可。
  • 消費者金融の利用履歴があっても完済していれば可能。
  • 大手だけの利用で延滞や支払い遅延がなければ可能。

 

など…、やはり会社によって色々とあると言えるでしょう。このように住宅ローン会社によって色々違いがありますが、根本的に言えるといえば、消費者金融の借入履歴があることは、住宅ローン会社に借入申し込みするためには、決していい事ではないということ。

 

過去に借り入れがある場合にはたとえ借金を完済していても、キャッシングカードなど消費者金融との契約を解約することをお勧めします。

 

個人信用情報機関が必ずその消費者金融借入履歴を登録しているとは限らないのですから、なるべくその時現在の状況で、不要なクレジットカードや、消費者金融の契約を解除して気持ちよく住宅ローンの申請に向かうことが一番の道ではないのでしょうか。

 

そしてもし自分の向かった住宅ローン会社で申請が不可能であっても、他の住宅ローン会社では可能になる時が有り得るのですから、諦めずに頑張った方が良いと思います。

 


 

住宅ローン審査基準Q&Aのインデックスページに戻る

住宅ローンQ&Aに戻る

住宅ローン借り換えランキング

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 借り換えでも最安水準の低金利が魅力
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 全疾病保障保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から可能
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安くそう返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準が魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み