住宅ローン審査基準

住宅ローン借り入れは、何を基準にしているの?

 

住宅ローン借り入れは、何を基準にしているの?


 

住宅ローンを借り入れる時の審査基準はいったい何を基準にしているのだろう?と疑問に思ったことは無いでしょうか?

現在の「自分自身の条件」で住宅ローンは組めるのだろうか?などの、住宅ローン借入審査基準についての条件を紹介してみようと思います。

まず一般的に知られている条件で、「給与所得者である。現場の健康保険・社会保険の被保険者」ローンを返済できる能力がないと住宅ローン借入をすることができないのは必然ですね。

自営業の方は、おおむね3年以上現在の仕事を続けている方という条件が付きます。「勤続年数が、1年〜3年以上ある方」これは各金融機関で違いがでるのですが、3年以上あれば問題ないです。

3年未満の方でも、1年で住宅ローンを組める銀行もあります。

「保証会社の保証を受けれる方」住宅ローンは、原則として保証人は必要ないのですが、保証会社か銀行系の会社の保証が必要になります。よって銀行の審査に通っても保証会社の審査に通らなければ、住宅ローンは利用できないのです。

次に「年収に対する年間返済額の割合が、おおむね30%以内であること」これは各金融機関や保証会社によって違うのですが、年間返済額には全てのローンが加算されるので、もし車のローンが200万円残っていると、住宅ローンが減額される可能性があります。

そして前項の続きですが「全ての借入金の返済に遅れがないこと」もちろん自動車ローンやカードでのお買い物などに延滞がないことです。

最後に「申し込み時、年齢が60歳未満であること」これは住宅ローンの基本ですね。歳をとって払えなくなっては困りますから…。

このように住宅ローンを借り入れする時にはたくさんの審査基準があるように感じられますが、「若い頃からコツコツと」というような生活をしていればそんなに難しくは無いと思います。借りる側も貸す側もお互いが理に適った基準にしていると言えるのではないでしょうか。


住宅ローン審査基準Q&Aのインデックスページに戻る

住宅ローンQ&Aに戻る

住宅ローン借り換えランキング

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 借り換えでも最安水準の低金利が魅力
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 全疾病保障保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から可能
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安くそう返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準が魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み