申し込み・書類のQ&A

新築と中古物件の違いは?

顔

 

新築と中古物件融資する上で違いはある?


 

 

相談員

 

新築物件でも中古物件でも、住宅を購入する時の住宅ローンの組み方は、とにかく無理のない額の借り入れをする事、そして自分達のライフプランをきちんと考えて将来の家族設計をきちんと考えた返し方が出来る住宅ローンを選ぶ事が肝心です。

 

しかし新築物件と中古物件では、やはり計画の仕方が違ってきます。

 

それは、手元に残しておく現金やリフォームの必要性も考えなければいけないので、その点はきちんと考えておかなければいけません。

 

また住宅ローン減税の問題も考えなければいけません。住宅ローン減税とは、少しでも住宅ローンの負担を少なくするために行なわれている制度ですが、新築物件の場合はほとんどがこの制度を使えますが、中古物件の場合はその築年数に制限があったり、もしくは地震に対して、政府が定めた基準に適合していなければ、住宅ローン減税の対象にはならなかったりします。

 

そして、住宅ローンを融資する方の立場でも、新築物件の場合は担保価値が購入した金額で見る事が出来るのですが、中古物件の場合は、住宅を建てる場所やその物件の担保価値がきちんとあるかどうかが問題になってきます。

 

融資側からすれば、何かあった場合はきちんとその不動産が担保になるかを考えるので、どうしても中古住宅の場合は、土地はよくても建物の価値は購入価格よりは低くなってしまう場合が多いので、それによって審査にも影響する場合もあり、融資額においても減らされる場合が多いので、購入する側も自己資金を多く用意する必要が出てきます。

 

どちらにせよ、これらの事をよく考えて条件の良い物件を選ぶ事が重要になります。

 


 

申し込み・書類のQ&Aのインデックスページに戻る

住宅ローンQ&Aに戻る

住宅ローン借り換えランキング

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 借り換えでも最安水準の低金利が魅力
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 全疾病保障保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から可能
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安くそう返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準が魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み