住宅ローン金利Q&A

住宅を買うチャンスとは?

顔

 

低金利の今は住宅を買うチャンス?


 

 

相談員

 

現在の住宅ローンを組む際の金利は非常に低い水準となっています。

 

景気が低迷しているため住宅ローン金利も安くなるのです。

 

では、実際問題、住宅購入は今がチャンスなのでしょうか。今から検証して行こうと思います。

 

長く続く不況の打開策として取られている日銀のゼロ金利政策は当然住宅ローン金利にも影響を及ぼします。

 

2010年9月には長期固定で低金利ということで人気を集めているフラット35の金利が史上最低を記録しました。

 

固定金利であればこの先どのように景気の変動があっても金利が上がったり下がったりすることはありません。ですから当然最も金利が低い時に借り入れを行えば一番お得に住宅ローンを借り入れることができるということなのです。

 

また景気対策のための住宅ローン減税やフラット35の金利優遇などの政策もとられています。

 

ですから低金利に加えてそのようなメリットが豊富な今は間違いなく住宅を買うチャンスなのです。

 

世の中が不景気だといわれている中、住宅ローン審査を通してしっかりと返済していくことは難しいことですが、それでも住宅ローンを借りることができれば条件としては最もいい時期に借りることができたと言えるのです。

 

今後の金利推移についてですが、日本の国債格付けが落ちたり、政治が混迷しているため国債が売られ長期金利が上昇することが予想されています。

 

ですからゼロ金利政策が取られていても金利が上昇していくことが予想されます。

 

そのためできるだけ早く金利が低水準の今のうちに住宅ローンを借りることをおすすめします。

 


 

住宅ローン金利Q&Aのインデックスページに戻る

住宅ローンQ&Aに戻る

住宅ローン借り換えランキング

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 借り換えでも最安水準の低金利が魅力
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 全疾病保障保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から可能
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安くそう返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準が魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み