住宅ローン金利Q&A

ゼロ金利政策と住宅ローン金利の関係は?

顔

 

ゼロ金利政策と住宅ローン金利には関係あるの?


 

 

相談員

 

日本銀行が導入したゼロ金利政策などの金融緩和策により、長期金利の低下などを通じて、住宅ローンの金利負担を軽減させる効果を期待することができます。

 

日本銀行はすでに低金利対策を取っていましたが、長引く不況の打開策として2010年10月に3度目のゼロ金利政策を復活させています。

 

このゼロ金利政策とは金融調節手段の一つであり、政策金利を現在の0.1%から0〜0.1%と、幅を持たせたかたちで更に引き下げました。

 

金利が下がるということは定期預金金利や住宅ローン金利も連動して下がることになり、住宅ローンを組んでいる方や、これからマイホームの購入を考えている方にとっては、金利低下は総支払額や毎月の返済額が少なくなったりするので、住宅購入を考える方が増えることにもつながります。

 

しかしながら、これからの景気を予測することは難しく、いつまでゼロ金利政策が続くのかは誰にも分かりません。

 

一番リスクを低くするには、やはり頭金を十分に蓄えてローンを組むことですが、1%程度の物価上昇が見通せるまではゼロ金利を継続することも決定されていますので、この先10年程度はこの低金利が続くのではないかとも言われています。

 

住宅を購入するということは大きな金額がかかることになり、住宅ローンの金利が1%増えるだけで、何百万円も返済額が増える場合があるそうです。

 

各金融機関独自のローン商品を調べたり、現在組まれているローンの内容を見直して金利上昇のリスクを考慮し借り換えを検討されるなど、ご自身がお得に無理なく支払える方法をこの機会に検索されてみてください。

 


 

住宅ローン金利Q&Aのインデックスページに戻る

住宅ローンQ&Aに戻る

住宅ローン借り換えランキング

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 借り換えでも最安水準の低金利が魅力
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 全疾病保障保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から可能
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安くそう返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準が魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み