住宅ローン審査基準のQ&A

会社経営者の住宅ローン審査は?

 

 

会社経営者は住宅ローンを組むのは難しい?


 

 

 

住宅ローンというのは、月々、決まった額を何年もにわたって返済していきます。

 

そのため審査の時に「返済能力があるか=収入は安定しているのか」というポイントが重視されます。

 

一般的に収入が安定しているといえば、サラリーマンや公務員といった方たちとなり会社経営者や自営業者は決して「安定している」とは断言できないと審査の際にはみなされることが多いのです。

 

それではこの「会社経営者」は返済能力が必要な住宅ローンを組むことができるのでしょうか?

 

会社経営者の住宅ローン審査では企業経営が安定的に収益を生み出し続け今後も生み出すかどうかや、事業の収支に問題はないかなどが見られることになります。

 

一般的には中小企業の会社経営者というのは、サラリーマンよりも収入の安定性が低いと見られがちです。

 

ですからサラリーマンより審査基準が厳しくなる場合があります。

 

住宅ローンで最も重視されるのは、安定した収入があるかどうかということなので、一般のサラリーマンの審査に加えて、会社経営者は、会社の業績や安定性について決算報告書で、細かく審査されることになるのです。

 

決算書は一般的には2〜3期分求められるので、住宅ローンを組む予定のある場合には、節税などによる所得圧縮は控え財務内容を良くしておくのがよいと思います。

 

そうすることによって、収入の安定をアピールできるからです。

 

しかし、住宅ローンを借りられるかどうかの最終的判断は、金融機関や信用保証会社の審査内容によるので、会社の決算書を準備して金融機関による住宅ローンの相談会などで事前にご相談されることをお勧めします。

 


 

住宅ローン審査基準Q&Aのインデックスページに戻る

住宅ローンQ&Aに戻る

住宅ローン借り換えランキング

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 借り換えでも最安水準の低金利が魅力
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 全疾病保障保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から可能
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安くそう返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準が魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み