住宅ローン審査基準のQ&A

住宅ローン審査の基準は?

 

住宅ローン審査は、何を基準にしているのですか?


 

住宅を購入しようとして住宅ローンを組もうとする場合、まず気になるのが審査基準ですよね?

「自分の収入で住宅ローンが組めるのだろうか?」「金額はいくらまで融資がうけられるのだろうか?」など色々な疑問は付きものです。

住宅ローンにはたくさんの審査基準があるのですが、ここでは基本的な審査基準を説明しようと思います。

住宅ローン審査の年齢基準を見てみると、申し込み時は20歳以上で定期的な収入がある方。返済時は遅くても80歳までというのが一般的。

職業については、サラリーマンか自営業かなどもありますが、親族企業に勤めている場合なども会社の審査と同じにされ決算書が必要書類に指定されます。

自分の勤めている会社の雇用形態が、給与のみか、歩合給制かを審査されて、もし勤めに出ていても源泉徴収が無い場合は自営業者として審査されます。

会社役員は自営業者としての扱いとほぼ同じになります。サラリーマンなどの場合は勤続年数として3年以上の審査基準となります。他にクレジットカードや消費者金融でのキャッシング、自動車ローンなどの借入れがあれば個人信用調査機関を通して審査がされます。

配偶者が収入合算などで連帯債務者になる場合は配偶者も住宅ローンの審査対象となるので注意してください。会社などを退職した後もローンが残る場合、その後も住宅ローンの返済能力が必要なので、社会保険への加入は必要です。

団体信用生命保険への加入が住宅ローン貸し出し要件になるので、健康状態を告知する生命保険の加入審査があります。

このように沢山の審査がありますが、条件によってはまだたくさんあります。

住宅ローン会社によっても審査内容が違うところもあるので、自分の条件にあった住宅ローン会社を探すのも一つの手だと思います。


住宅ローン審査基準Q&Aのインデックスページに戻る

住宅ローンQ&Aに戻る

住宅ローン借り換えランキング

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 借り換えでも最安水準の低金利が魅力
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 全疾病保障保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から可能
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安くそう返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準が魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み