Q&Aインデックス

住宅ローンの疑問に答えるQ&A集です

 

住宅ローンに関する疑問にお答えする住宅ローンQ&Aです。住宅ローンの審査基準・フラット35・減税・諸費用・保険・繰り上げ返済・申し込みなど目的別に分けてよくある質問とその答えについてまとめています。住宅ローンは生活に密着したものですが難しい用語や制度などがあるためにしっかりと知っておかなければ損をしてしまうことになってしまいます。また法律の変更や金利の動向なども常に変化し続けているため最新の情報も常にチェックしておくことが必要です。そんな時に役立つ住宅ローンの疑問・質問とその答えをご用意しましたのでぜひ活用してください。

住宅ローンQ&Aインデックス

住宅ローン Q&A 【借り入れや返済でお悩みの方必見】記事一覧

住宅ローンを借り入れる際には必ず必要となる審査についてのQ&A集です。仮審査や本審査の仕組みから、住宅ローンの審査基準、住宅ローンを組む際の職業や年齢などの基本事項、そして自動車ローンとの併用や、消費者金融での借り入れなど住宅ローン審査についての疑問にお答えしています。審査を通らなければいくら住宅ローンを借りたくても借りることはできません。しっかりと住宅ローン審査の対策を取っておくためにも事前にき...

住宅ローン審査は、何を基準にしているのですか?住宅を購入しようとして住宅ローンを組もうとする場合、まず気になるのが審査基準ですよね?「自分の収入で住宅ローンが組めるのだろうか?」「金額はいくらまで融資がうけられるのだろうか?」など色々な疑問は付きものです。住宅ローンにはたくさんの審査基準があるのですが、ここでは基本的な審査基準を説明しようと思います。住宅ローン審査の年齢基準を見てみると、申し込み時...

住宅ローン仮審査と本審査の違いって何?住宅ローンを組みための、仮審査というものと、本審査というものには違いがいくつかあるのですが、どのようなものなのかを話していきましょう。まず住宅ローンを組むためには審査基準があります。「必ず返してくれる」と、思えるような信用できる相手にしかお金は貸したくないものですよね。そのお金を貸すために相手が信用できるかどうかを審査するのです。それではなぜ仮審査と、本審査と...

住宅ローン審査は仮審査は通っても本審査で落ちることもありますか?住宅を建てる時にほとんどの人に必要になるのが住宅ローンです。住宅を購入する時は通常であれば何千万円単位のお金が必要です。そのお金を一括で払える人はそうはいないので、誰もが住宅ローンを組みますが、そのローンは誰でもが組める訳ではありません。住宅ローンを組むには、通常仮審査と本審査があります。なぜ2つあるのかは金融機関いわく審査をスムーズ...

住宅ローン借り入れは、何を基準にしているの?住宅ローンを借り入れる時の審査基準はいったい何を基準にしているのだろう?と疑問に思ったことは無いでしょうか?現在の「自分自身の条件」で住宅ローンは組めるのだろうか?などの、住宅ローン借入審査基準についての条件を紹介してみようと思います。まず一般的に知られている条件で、「給与所得者である。現場の健康保険・社会保険の被保険者」ローンを返済できる能力がないと住...

住宅ローンは、申し込み名義以外の同居の家族も審査される?住宅ローンを組む時の申し込み書類に、家族構成を書く欄があります。このことが理由となって「申し込み名義以外の同居の家族も審査されるのでしょうか?」という疑問を持たれる方もいらっしゃいます。まず、住宅ローンを申し込む際に夫婦で連帯債務をする場合や、夫婦の収入を合算して住宅ローンを申し込む場合には本人だけでなく妻の収入や負債も対象となります。次に二...

年収300万円のフリーターでも住宅ローンが組める?フリーターでも住宅ローンが組めるのでしょうか…それが年収300万円だったら…。こんな条件でもし家を買うとしたら、どうなるのか。そんな疑問について検証していきましょう。まず「フリーター」です。フリーターが住宅ローンを組むということは、「確実に実現できる。」とは正直言いづらいです。フリーターだと職が安定してない場合もあり、所得証明の提出さえできない場合...

年収が400万円でどのくらいの金額を住宅ローンで借りられる?住宅ローンを組む時に必ず必要になってくる年収返済比率をご存じですか?住宅ローンを組む場合は、将来にわたってきちんと返していけるかどうかが最も重要な問題です。自分の年収に似合った住宅ローンを組まなくてはいけないので、自分の年収に合わせて返済できる金額を出すのが年収返済比率といいます。では年収400万円では、どれだけの金額を住宅ローンで借りる...

住宅ローンを組んでから新たにクレジットカードを作ることはできる?住宅ローンを組んでいる人は新たにクレジットカードは作ることができるのでしょうか?答えは「作れます。」もちろん、きちんと住宅ローンの滞納などの無いことが前提です。住宅ローンの実行前はクレジットカードを作ることはやめたほうがいいでしょう。クレジットカードの申請で住宅ローンの審査が通らなくなる場合があります。一般にクレジットカードは、申し込...

住宅ローンを組む時の年齢は審査に影響あり?住宅ローンの審査はいろいろな審査があります。主には返済負担率、年収、勤続年数、担保評価額、個人信用情報、そして年齢などが重要視されて、その他にも健康状態や雇用形態、取引状況などの合計で考えて審査します。それらの審査の基準はそれぞれの機関によって異なりますが、一般的には年齢の審査の場合は、完済時の年齢が重要視されます。その年齢は各機関によって違いますが、大体...

転職してまだ1年に満たなくても住宅ローンを組めますか?住宅ローンを組む時には必ず審査をパスしなければいけません。この審査の大きな判断材料になるのが勤続年数です。勤続年数とは、現在務めている会社で何年勤務しているかの年数で、同じ会社に何年間存在しているかという事です。その基準は3年以上が一般的の基準になっていて、それが増えると審査の得点も上ります。しかし、勤務年数が1年でも審査にパスしている人は結構...

大学を卒業したばかりの社会人1年目でも住宅ローンは組める?大学卒業したての社会人1年目でも住宅ローンは組めるのでしょうか?お答えとしてはほとんどの場合組めませんというものになります。銀行ローンの場合、安定した収入があることが大前提だからです。大学卒業したてで満1年も経っていない場合、安定した収入とはいえません。そして住宅ローン審査における収入は原則として、前年度1年間の収入を基準としています。いく...

会社経営者は住宅ローンを組むのは難しい?住宅ローンというのは、月々、決まった額を何年もにわたって返済していきます。そのため審査の時に「返済能力があるか=収入は安定しているのか」というポイントが重視されます。一般的に収入が安定しているといえば、サラリーマンや公務員といった方たちとなり会社経営者や自営業者は決して「安定している」とは断言できないと審査の際にはみなされることが多いのです。それではこの「会...

融資申し込みの際は申し込み者と配偶者も含めた合算で審査されるのですか?住宅を購入する時に、ほとんどの人が利用しなければいけないのが住宅ローンです。そして、その住宅ローンが組めるかどうかで、家を持てるか持てないかが決まります。住宅ローンには必ず審査があって、誰でも審査を通るという訳ではありません。その審査で重要視されるのは、返済負担率、担保評価額、勤続年数、年収、個人信用情報、年齢です。特にこの6つ...

本人の信用が低くても保証人の信用が高ければ住宅ローンは組める?住宅ローンを組む本人の信用が低くても、保証人の信用が高ければ、住宅ローンは組めるのかですが、ブラックリストに載っていれば、借りることは不可能です。まず絶対無理なブラックリストに載っている可能性のある人(返済事故を起こした可能性のある人)から話をします。私たちは色々なところでお金に関わってきています。お金のやり取りも多様化し現金払いがすべ...

過去に自己破産した人でも住宅ローンは組める?最近ではカードの借り入れ問題で自己破産者が増加しています。自己破産をすると何かと信用はなくなりますが、意外に社会的にはそんなに知れ渡ってしまう訳ではありません。自己破産すると一定の期間は会社の経営者になれないとか、変わったところではガードマンになれないとか、多少の職業制限が付けられてしまいますが、一般の人にはあまり関係の無い制限です。黙っていれば他の人に...

過去に債務整理している人でも住宅ローンは組める?債務整理をすると個人信用情報機関に登録されて、住宅ローン会社にその情報が調べられるので、ローンを組むのは難しいです。ただ、その「債務整理」いつなのかにもよります。実際には債務整理をした数年後には、住宅ローンを借りることができたと聞きますので、確実な年数は答えられないのですが大体5年と言われています。もちろん審査する会社によって違いますので一概には言え...

同居人が過去債務整理をしている場合の審査は難しい?まず、同居人がどこまで審査の対象になるのかを考えていきましょう。住宅ローンを申し込む時にその申し込み用紙に同居人の状況の記入欄があるとは思います。これは単独で住宅ローンを支払っていくのなら審査の対象にはなりません。同居人が審査の対象となるのは、住宅ローンで妻や親などが連帯保証人や連帯債務者とすることがある場合になります。ですから質問の「住宅ローン名...

自動車ローンを組んでいると住宅ローンは組みにくい?自動車ローンがあると、住宅ローンは組みにくくなるのかという疑問について結論から言えば組みにくくなります。住宅ローンは借りる額が大きく返済期間も長い分、審査が非常に厳しいです。住宅ローンを組む際、他にローンがあるかどうかは審査会社に必ず調査されます。そのため、住宅ローンを組む際に別のローンがあれば、それだけ審査基準にとっては厳しいものとなります。結論...

消費者金融の借り入れがあると、住宅ローンは組めない?消費者金融の借入があると、住宅ローンは組めないのでしょうか?全く組めないわけではないのですが、組むのは難しいと思います。クレジットカードのキャッシングや銀行のカードローンなどの借入れの中でも特にマイナスポイントだといわれてるのは消費者金融の借入れなのです。そのため保証会社も、個人信用情報会社で個人信用情報を照会してから、そこで消費者金融を利用して...

過去に消費者金融から借り入れ履歴があると住宅ローン審査に影響しますか?住宅ローンを借り入れようとする時に、「現在は借り入れは無いが過去に消費者金融から借り入れの履歴がある」場合は審査が通らないのでしょうか?これについては、本当に住宅ローンの金融機関・保証会社によって対応が異なるのです。そこで会社によって違いますが、色々な条件でのパターンを説明しようと思います。消費者金融は1回でも利用すれば住宅ロー...

クレジットカードの未払いがあると住宅ローンは組めない?住宅ローンを組もうと考えた時に、クレジットカード契約の未払いなどがあることは無いでしょうか?こんな時、住宅ローンは組むことができると思いますか?そして、その未払い(事故)はどこからどこまでが住宅ローンに影響するのか、などを考えたことはありますか?これからこのクレジットの未払いによってどれだけ住宅ローンに影響を起こすか、紹介してみます。まず未払い...

ここでは住宅金融支援機構と民間金融機関がコラボレーションすることでできた公的住宅ローンのフラット35についての疑問にお答えしていきます。長期固定で低金利のフラット35の人気は高く、また金利優遇が受けられるフラット35Sが登場したことでさらに注目を集めるようになりました。しかし民間金融機関の提供する住宅ローンとは異なっている点が多数あり注意しなければならない点も多くあります。しっかりとフラット35に...

民間住宅ローンとフラット35の併用って可能?民間の住宅ローンとフラット35を併用したい場合にはフラット35パッケージを利用することになります。フラット35パッケージとは長期固定金利タイプのフラット35と固定金利の期間選択タイプや変動金利タイプの住宅ローンを合わせて借り入れるという商品です。フラット35を併用することのメリットは金利変動に影響されない安定と、低金利のメリットを受けられること。そして将...

銀行の住宅ローンとフラット35の違いは何?銀行の住宅ローンとフラット35との違いは何なのでしょう?フラット35がブームになった2005年頃、銀行が超長期固定金利住宅ローンをほとんど取り扱っておらず、フラット35の35年固定で低金利なところは非常に人気がありました。現在では多くの銀行が超長期固定金利住宅ローンを取扱っているためフラット35に極端なメリットは感じないにくいかもしれません。しかし、審査が...

銀行の住宅ローンとフラット35Sの違いは何?銀行の住宅ローンとフラット35Sの違いを考えたことはありますか?この二つの違いはたくさんあります。簡単に大まかに言えばフラット35Sには購入住宅に対しての条件がついてくるのです。ではそのフラット35Sの条件について説明していこうと思います。これは一定の基準をクリアした優良住宅を取得した場合のみ、借入後の5年間にわたって0.3パーセントの金利優遇が受けられ...

フラット35は申し込みむ金融機関によって違いがあるのですか?住宅を購入する時にはほとんどの人が住宅ローンを組まなければいけませんが、現在多くの人が利用しているのがフラット35という住宅ローンの商品です。フラット35とは、民間金融機関と旧住宅金融公庫である住宅金融支援機構が提携して行なっているものです。銀行などの民間の金融機関は、主に短期の資金で資金調達をするために、長期固定金利の住宅ローンを扱うの...

フラット35は外国人でも利用できますか?日本に住んでいる外国人の方もどこかに居住しなければいけない訳で、その中には日本で住宅購入を希望している方もいらっしゃいます。もちろん日本ではたとえ外国人でも住宅を買う事は出来るのですが国によってはその国以外の人には、その国の不動産は所有させない法律もあるそうです。それにたとえば共産国においては、その国の人でさえ自分のものとして土地を買う事が出来ません。そして...

フラット35はリフォームローンとして利用できますか?現在住宅を購入する時に中古物件を購入する人が多くなってきています。みなさんもご存知の通りの不景気で、誰もが住宅を持った後の住宅ローンの支払いに不安を持っています。しかし、やはり家は誰でも欲しい訳で、そのために安い中古住宅を買って自分の好きなようにリフォームする人が増えています。中古住宅を買ってリフォームした方が費用も安く出来るし、わざわざ無理して...

住宅ローン会社と住宅金融公庫の違いは?住宅ローンには、公的な住宅ローンと民間の住宅ローンが存在します。公的な住宅ローンには、住宅金融公庫融資、財形住宅融資、自治体融資などがあり、民間の住宅ローンには住宅ローン専門会社、金融機関、一部の生命保険会社がそれを取り扱っています。そして、多くの人が住宅を建てる時に今まで利用してきたのが住宅金融公庫で、これは国の財政融資資金を原資にされた融資で、特徴は低金利...

現在政府の景気対策の目玉として大型の住宅ローン減税が打ち出され、最大で10年間で600万円の控除が受けられるようになりました。この住宅ローン減税の影響は大きく新築住宅やマンションの売れ行きも上がっています。金利が低い水準にあること、そして住宅ローン減税の拡充により住宅ローンを借りるタイミングとしては今が最高だと言えるでしょう。その住宅ローン減税・控除について、制度の基本から申し込み方法、中古物件へ...

住宅ローン減税とは? 住宅を購入する時の価格は、中古住宅の場合でも土地を含めると1000万円以上、そして新築の場合だと少なくても2000万円、3000万円は当たり前です。そして、ほとんどの人が住宅を購入する場合には住宅ローンにお世話にならなければならなくて、毎月一定の金額を支払う事になります。その年数も20年〜30年は当たり前です。その他にも、住宅を購入すると今まで賃貸ではかからなかった固定資産税...

住宅ローン控除とは何?多くの人が将来の夢にして頑張っている目標が、自分の家やマンションを買う事です。そして、その多くの人がそれを実現させています。しかし、その夢を叶えた瞬間から、住宅ローンという重圧が自分に課せられます。そして実際に、毎月の住宅ローンの返済は家計の大きな負担になってきます。それがこの先何十年も続くのですから、その負担は少しでも軽くしたいのが誰もが思う事です。そのために、その負担を少...

住宅取得税控除とはどんな制度なの?住宅を購入したり新築する事は、毎月の負担が大きくなる場合が多く、家計にも大きな負担になります。そして、住宅を購入する際には、ほとんどの場合に住宅ローンを組まなければならなく、その年数は長く、短くても10年から長い人だと35年もローンが続きます。これがネックとなって、なかなか住宅を購入する事を決断出来ない原因になっているのです。そのために、少しでも住宅の購入者の負担...

住宅ローン控除の適用範囲とは?住宅ローンを考えているのであれば、住宅ローン控除は絶対に利用したい制度です。しかし、住宅ローン控除は全ての場合に適用される訳ではありません。その条件としては、どんな家を購入したとしても、住宅ローンの返済期間が10年以上でないと住宅ローン控除の対象にはなりません。これは住宅ローン控除における絶対条件です。そして、新築や増改築してから半年以内にその家に住まないと、これも対...

親子共有でも住宅ローン減税は受けられるの?親子でローンを共有するには2つのパターンがあります。1つは「親子ペアローン」もう一つは「親子リレーローン」です。ローンによって住宅ローン減税が受けられる場合と、受けられない場合が分かれてきます。親子ペアローンとは、住宅を買うときに親・子で同時に資金を出しあい、残りのローンを親子2人で同時に返済していく仕組みのローンで、ローンの返済期間を短縮することができま...

住宅ローン減税は中古物件にも適用される?多くの人が自分の住宅やマンションを買いたいと思っていると思います。しかし、住宅やマンションを購入すると、どうしても必要なのが毎月の住宅ローンの支払いです。さらには自分の不動産を持つと、どうしても払わなければいけないのが固定資産税や住宅の改修費などです。それらは賃貸物件とは違って、全て自分の負担になって一生払っていかなければいけないもの。これらの不安があって住...

住宅ローンの還付金って何?住宅ローンの還付金と聞いても良く分からない人もいると思いますがもしも税金で払い過ぎがある場合に返してもらえるお金の事を言います。しかし、還付金は黙っていても受け取る事は出来ないもので、還付金を受け取るには還付申告をする事で受け取る事が出来ます。その還付金は銀行か郵便局の口座に約1ヶ月後に振り込まれます。そして還付の申告は通常の確定申告よりも1ヶ月早く行なう事が可能です。そ...

住宅ローンを組んだ年は確定申告が必須?住宅ローンを組んだ際には、必ず利用した方がいいのが住宅ローン控除です。住宅ローン控除とは、住宅を購入する際に住宅ローンが家計の負担になる人が多いのですが、その家計の負担を少しでも軽くしようと作られた制度。この制度の目的はもう一つあって、多くの人が住宅を購入する事で、建築業界を活性化させて景気を良くしよう、というのが目的です。とてもお得なシステムで住宅ローンの借...

住宅ローン減税対象外の物件ってある?多くの人が将来は自分の家を持ちたいと考えています。特に自分が結婚して子供が出来る頃には、一戸建てかマンションを自分の一生の住居にしたいと考えています。多くの夫婦は、結婚すると自分達の新居の夢に向かって貯蓄を行ないます。少しでも頭金を多くして、毎月の負担を少なくする事が住宅を購入するためには必要な事です。最近では一時のバブル時代に比べると特に景気が悪くなっていて、...

ここでは住宅ローンの諸費用についての疑問にお答えします。住宅ローンは時には数千万円の大金を借り入れるものですから、借り入れの際には事務手数料をはじめとして様々な費用がかかります。とくに事務手数料はそれぞれの金融機関によって異なり、同じ金額を借りるとしても大きく異なるためしっかりと比較しておくことが大切です。また公的ローンのフラット35などは同じフラット35という名前が付いていても、金利と手数料など...

住宅ローン借り入れ契約時の印紙税は?住宅ローンを組む時にはいろいろな経費がかかります。その一部を紹介すると、住宅ローンを組む時に金融機関に支払う事務手数料の融資事務手数料、ローンが払えなくなった時に保証会社に支払ってもらうための保証料。抵当権設定を司法書士に依頼する場合の登記手数料。万が一のための保険の団体信用生命保険料。万が一の災害の場合の火災保険料や地震保険料。融資実行日前に施工業者に支払わな...

住宅ローン諸費用は現金で支払う必要がある?住宅ローン諸費用は一般的には、現金で支払う必要があります。原則として頭金に1割を載せたものが諸費用となることが多いです。住宅ローンで掛かる諸費用は以下の通り。売買契約書印紙税:売買契約書や建築請負契約書に掛かる税金ローン契約書印紙税:ローン契約書に掛かる税金ローン事務手数料:住宅ローンや司法書士を紹介する手数料保証料:信用保証会社に保証を委託するのに掛かる...

住宅ローン諸費用は金融機関によって差がある?住宅ローンを組もうとしている方は「諸費用」というのがあるのをご存知ですか。意外と知られていない諸費用なのですが、結構な金額を準備しておかないと、「諸費用をお金の計算に入れていなかった」などということもあり得るのです。その諸費用が業者によって違いがあったら安くていい業者が嬉しいですよね。ではそのことについて検証していきましょう。諸費用の中には、ローン契約印...

住宅を買う上で特例を受けられる税金とは?住宅を買う上で、特例を受けられる税金というのは、どのようなことなのでしょうか。特例を受けられる税金=減税のことです。住宅を購入する場合、自分の購入条件に合えばたくさんの特例を受けられる税金が出てくるのです。よく耳にすると思うのですが、「住宅ローン減税」というのがありますね。これはどのようなものかというと、購入時期や金額などの条件に当てはまる住宅を購入し、住宅...

住宅ローン借り入れ時に税金ってかかるの?住宅ローン取得時に税金はかかるの?という質問に答えると、取得するために住宅ローン契約をするとき金銭消費貸借契約書に添付するための印紙税はかかります。他の税金はかからないのですが、住宅ローン契約した時に住宅ローンを返済していく上で、税金の控除を受けることはできます。それでは住宅ローン控除について少し説明してみようと思います。居住者が住宅ローン等を利用してマイホ...

ここでは住宅ローンの金利に関する疑問にお答えしていきます。住宅ローンを選ぶ際にまず一番に注目するのは金利でしょう。小数点以下の金利の差でも、支払総額で考えると数十万円から数百万円の差がでることがあるのが住宅ローンの特徴ですから金利比較は欠かせません。そして金利比較の際には固定金利と変動金利の違いだけではなく金融期間ごとに異なる金利比較や優遇キャンペーンのチェックも必要なのです。またゼロ金利政策が続...

2012年住宅ローン金利の状況は?住宅を購入する時に必要な住宅ローンは一生に一度の大きな借金。そんな大事な住宅ローンは、出来るだけ後悔のないように真剣に選びたいものです。住宅ローンを組む時に決めなければいけないのが金利の問題です。金利の種類は変動金利型、固定金利型、そしてこの両方を組み合わせたミックス金利型などがありますが、基本的には最初に安い金利である変動金利を選ぶのか、それとも最初から多少金利...

住宅ローン固定金利と変動金利の違いは?ほとんどの人が将来住宅を購入したいと思っています。特に結婚して子供が出来れば、一生を過ごす自分の家を、子供のためにも作りたいと思うのが多くの人の目標だと思います。しかし、現在日本は今までにない不景気で、なかなか給料も上らない状況です。ましてやボーナスも前のように出されていない人が多くて、多くの企業はボーナス0円のところもあるくらいです。昔金利の高い時代にボーナ...

住宅ローン会社によってなぜ金利が異なるのでしょうか?誰でもいつかは自分の家が欲しいと思っていると思います。しかし、家を購入する事とは家計に大きな負担がくる事で、なかなか家を購入するには勇気がいります。そのために多くの人はお金を貯蓄して、その先の負担を少なくしてから家を購入します。その時に必ず必要になるのが住宅ローンで、住宅ローンは金額が大きいだけに、その組み方1つで月々の返済額や返済額のトータルに...

ゼロ金利政策と住宅ローン金利には関係あるの?日本銀行が導入したゼロ金利政策などの金融緩和策により、長期金利の低下などを通じて、住宅ローンの金利負担を軽減させる効果を期待することができます。日本銀行はすでに低金利対策を取っていましたが、長引く不況の打開策として2010年10月に3度目のゼロ金利政策を復活させています。このゼロ金利政策とは金融調節手段の一つであり、政策金利を現在の0.1%から0〜0.1...

住宅ローン金利優遇キャンペーンの注意点はありますか?近年はみなさんもご存知の通り、世の中全体が不景気にみまわれています。多くの企業が続々と倒産・廃業に追い込まれていて、私達労働者もいつ自分の会社がそうなるのかの不安の中で生きています。その中で、最近の銀行をはじめとした金融機関では、企業への大型融資や長期資金の危険性を分散させるために、個人への取引の拡大を図っています。その中でも住宅ローンは額も大き...

住宅ローンの元利均等返済って何?住宅ローン返済の「元利均等返済」って何でしょう。この元利均等返済というのは、ローン返済に当たって、毎回一定の金額を返済していくのですが、ローン返済には元金と利息を言うものがあるのです。元金は変動しないのですが、利息は変動します。ですから返済金額も利息分だけ変動するのです。しかしこの元利均等返済というのは、返済額が変動しないように一定の金額が保たれるごとく計算されて、...

住宅ローンの元金均等返済って何?住宅ローンでの「元金均等返済」というものについて、説明して行きましょう。この元金均等返済なのですが、従来住宅ローンというものは、元金よりも大目に金利を支払う仕組みとなっていて、なかなか元金返済が行われず。金利だけ増えて「払っても、払っても返済は終わらない」というイメージがあります。しかし元金均等返済では、まず元金がメインで支払われるので、返済を続けていくうちに金利が...

低金利の今は住宅を買うチャンス?現在の住宅ローンを組む際の金利は非常に低い水準となっています。景気が低迷しているため住宅ローン金利も安くなるのです。では、実際問題、住宅購入は今がチャンスなのでしょうか。今から検証して行こうと思います。長く続く不況の打開策として取られている日銀のゼロ金利政策は当然住宅ローン金利にも影響を及ぼします。2010年9月には長期固定で低金利ということで人気を集めているフラッ...

ここでは住宅ローンの生命保険や火災保険、そして病気に対する備えの特約についての疑問にお答えしています。数十年という長期にわたって大金を返済していかなければならない住宅ローンは将来の万が一の事故や病気などに対する備えが欠かせません。安心して返済をしていくために必須の住宅ローンの団体信用生命保険や火災保険について研究することは重要です。また現在ではガンや心筋梗塞、脳卒中などのリスクに備える3大疾病特約...

三大疾病保障付きの住宅ローンってどう?近年は住宅ローンを借り入れる方専用に、保険付きの商品が多くなってきました。三大疾病を保証するタイプの他にも、七大疾病タイプや九大疾病タイプの保険が付いた住宅ローン商品も出てきています。もちろん保険なので一概には良いか悪いかは言えないのですが、安心を得る意味で言えば保険に入る事は悪い事ではありません。しかし住宅ローンを組んでいる人は、ほとんどが団体信用生命保険に...

団体信用生命保険って何?皆さんが住宅ローン会社で住宅ローンを組む時には必ず耳にすると思います。「団体生命保険」というものがあります。これはほぼ強制加入なので、住宅ローンに関する重要事項と思ってください。住宅購入は一生の買い物言われるくらいの高額な買い物になります。この高額な費用を住宅ローン会社から借ります。借りたら長期に渡って住宅ローン会社に返済していかなければならないのです。長期というのは、何十...

住宅ローンを組む際は団体信用生命保険に入るべき?住宅ローンを組む際に「団体信用生命保険」に入るべきでしょうか?との疑問があるのですが、そもそも「団体信用生命保険」とはどんなものなのかということから説明しようと思います。住宅ローンとは住宅を購入するに当たって、高額の金額を要するので、住宅ローン会社からお金を借りるということになるのです。借りたお金はもちろん返済していかなければならないのですが、高額な...

住宅ローンを組む時に加入すべき保険は?多くの人が結婚して子供が出来たら、最終的には自分の住宅を持ちたいと思っていると思います。そして、多くの人がその目標に向かって頑張って貯蓄に励んでいます。その住宅の全国平均価格は、約3500万円と決して安くはない金額です。そして現在住宅ローンを組んでいる人は、働いている人の3人に1人にものぼっています。住宅ローンは、このように高額な金額を長年に渡り返済しなければ...

住宅ローンを組む際に地震の保険は付いてくる?住宅ローンを組む時には保険が色々ありますが火災保険については、必要で加入は絶対条件になっています。では地震保険についてはどうなのでしょうか。地震保険については任意加入なのです。住宅ローンを組んで抵当権を設定して、購入した住宅が火事にあったとしたら、抵当権を設定した住宅はなくなるし、住宅ローンの支払いは困難になるし、では住宅ローン会社も困るので火災保険につ...

住宅ローンを組む際に検討すべき保険は?住宅ローンを組む際に、これから長期間お金を返済していくので、万が一のことがあったら困ります。このため万が一の不安を解消するための「保険」があります。ではこの住宅ローン保険についての要検討すべき保険をいくつか紹介していきます。まずは銀行住宅ローンでは強制加入の「団体信用生命保険」です。団体信用保険とは、ローンの支払い途中で、万が一病気や事故で他界、もしくは、重度...

ここではそれぞれの金融機関が提供している個別の住宅ローンについての疑問にお答えしています。現在では様々な金融機関がそれぞれの特色を生かした魅力的な住宅ローン商品を開発し提供しています。特にネット銀行が登場してから住宅ローン事情は大きく変化し今までは考えられなかった繰り上げ返済手数料無料や、超低金利といったサービスが提供されるようになりました。そういったお得な住宅ローンをしっかりと比較して選ぶことで...

住宅ローンを比較するポイントは?住宅ローンというもの自体が商品化されているので、住宅ローン会社によってもたくさんの返済方法や金利などたくさん商品としてあるのはご存知でしょうか?「どの会社で」「どのようなローンを組めば良いのか」などの色々な悩みが出てくると思います。ここでは住宅ローンという商品を比較するポイントを説明して行きましょう。自分にとって何が一番の条件で大切なのかなど住宅ローンを借りる際にそ...

新生銀行住宅ローンってどう?新生銀行の住宅ローンについてですが、金利や諸費用などについて少しお話しましょう。まずは金利についてです。今現在の金利ですが、@「変動金利」(半年型タイプ)年0.980%(住宅ローン基準金利年1.900%)A「当初固定金利タイプ10年固定」年1.990%(住宅ローン基準金利年2.990%)B「長期固定金利タイプ25年固定」年2.600%(住宅ローン基準金利年2.600%)...

住信SBIネット銀行住宅ローンってどう?住信SBIネット銀行住宅ローンというのは金利のタイプがたくさんある住宅ローン会社です。「金利タイプ」といわれても、ピンと来ない方もいると思いますので、説明して行きましょう。金利タイプとは、金利をどのように返済していくかによって、自分にとっての返済しやすい方法が選べるのです。金利のタイプはおもに変動金利と固定金利があります。変動金利は毎年の金利変動に伴って支払...

ARUHIのフラット355ってどう?SBIの住宅ローンの「フラット35」というのをご存知でしょうか。最近では住宅購入の際には必ずフラット35についても研究している方も多いと思います。ここではARUHIのフラット35についてお話していきます。「フラット35」は長期固定で低金利というのが一番の特徴の公的ローンです。フラット35はそれぞれの金融機関が金利や手数料を独自に決定するために、同じフラット35と...

ソニー銀行住宅ローンってどう?「ソニー銀行」の住宅ローンについてお考えの方にどのようなものなのかを説明します。まずソニー銀行はインターネットで取引を行うネット銀行です。そのためローン契約の際も一切店舗に出向く必要がありません。実際の店舗に出向いて、面倒な手続きやら、相談などいちいちするのが面倒な方にはご自宅でパソコンを開くだけで簡単に契約できるソニー銀行はとてもオススメな住宅ローン会社となっていま...

東京スター銀行住宅ローンってどう?東京スター銀行住宅ローンにはスターワン住宅ローンというのがあり、預金連動型とも言われていて、「手元にお金を残して、繰上返済と同じ効果」があります。繰上返済はしたいけど、万が一の場合に「お金は手元に残しておきたい」という方にお勧めかもしれません。住宅ローンの金利を下げたくて繰上返済をすると、家庭の貯金が減ってしまいます。預金連動型住宅ローン「スターワン住宅ローン」な...

楽天銀行フラット35住宅ローンってどう?楽天銀行が展開している住宅ローンはフラット35を適用しているのですが、これについて説明していきましょう。まず住宅金融支援機構提携の住宅ローンなので、最長35年間全期間固定金利で利用出来ます。契約後に金利が変動しないので、最後のご済まで安心して定額返済を続けられてご利用できます。繰上返済手数料、保証料は無料のお得な住宅ローンです。そしてフラット35Sも適用して...

実店舗を持たないネット銀行の住宅ローンってどうなの?最近では住宅ローンもネット銀行で借りられるようになりました。今までは住宅ローンといえば、最寄の銀行や住宅金融公庫などで組むものでしたが、現在ではそこに行かなくても借りられる、ネット銀行の住宅ローンが当たり前になってきているのです。ネットバンクでは実店舗を持たないために、お客さんからすれば少し不安かも知れませんが、よく考えればお金を借りる立場で、貸...

地方銀行と都市銀行の住宅ローンにて違いはあるの?地方銀行と都市銀行の住宅ローンに違いはあるのでしょうか?地方銀行でも都市銀行でも各々色々な銀行があるので、もちろん金利にしろ、何にしろ細かいところに違いはあります。大まかにはなりますが、この二つの違いについて少し説明します。まず都市銀行の方から説明すると、こちらはメインバンクがこの都市銀行に無くてはなりません。そして住宅ローンの審査基準が地方銀行より...

ここでは住宅ローン繰り上げ返済の疑問にお答えしていきます。「繰り上げ返済手数料0円、1円からいくらでも可」という破格の条件を達成したサービス登場したことで繰り上げ返済は今までよりも一層注目されることになりました。繰り上げ返済を積極的に行うことで住宅ローン返済の負担を大きく減らしていくことができるようになったのです。また、月々の返済額を低く抑えておいてリスクに備えておいて、ライフスタイルの変化で余裕...

住宅ローン繰上返済のメリットは何?住宅ローンを組んだ時よりも経済的に楽になったら活用した方がいいのが繰上返済です。繰上返済とは今組んでいる住宅ローンの残高を減らすために前倒しして返済する事。金額は多くても少なくてもいいのですが、返済した分が住宅ローンの元金から減ります。そして、その減った元金に対してローンが組み直されるので利息の支払い分が少なくなります。利息が少なくなる事が繰上返済の大きなメリット...

住宅ローン繰上返済の手数料は?住宅においてもお得な情報として騒がれているのが住宅ローンの繰上返済です。住宅ローンは住宅やマンションを購入する際にほとんどの人が利用しているもので、実に現在では働いている人の約三分の一の人が住宅ローンを払っているそうです。繰上返済とは、現在支払っている住宅ローンを、お金が余っている時にまとめて返済する事です。繰上返済のお得なところは、返済した金額は返済の元金から減らさ...

繰上返済する場合どのような手続きが必要となりますか?住宅ローンの返済額はほとんどの場合が何千万円にも及びます。そして、住宅ローンは通常は長期間に渡って返済をする事になります。それは長い時には35年にも及んで、最近では50年型も登場しているくらいです。そんな長い期間ですから、ローンを組んだ人の状況も変わることもあり、その途中で大金が入ったり、給料が思いのほか上って貯蓄に余裕が出てくる場合などがありま...

住宅ローン繰上返済のタイミングは大事?現在住宅ローンを組んでいる人は労働者の約三分の一とも言われています。近年の不景気の中で、この先の住宅ローンの支払いを心配している人はとても多いと思います。そのために出来るだけ早くに住宅ローンを返済したいと思っている人も、出来れば月々の返済額を減らしたいと思っている人も多くいるのではないでしょうか?そんな中で今話題になっているのが住宅ローンの繰上返済です。繰上返...

住宅ローンの繰り上げ返済は早めにやった方がいいの?現在はテレビなどでも住宅の問題がいろいろ話題になっていて購入するのはマンションがいいのか?一戸建てがいいのか?そして住宅ローンはどの方法がいいのか?など、住宅の専門家がいろいろなお得情報を教えてくれています。その中でも住宅ローンと上手く付き合う方法として、繰り上げ返済の事がよく話されています。繰り上げ返済とはその名前の通りで、住宅ローンを返済してい...

ここでは住宅ローンの申し込みや必要書類についての疑問についてお答えしています。住宅ローンを借りる際に避けては通れない申し込みと必要書類についてしっかりと確認しておきましょう。特に審査の時などは必要となってくる書類も数多く不備があれば住宅ローン審査を通ることはできません。そのようなことがないためにもチェックが必要となります。また住宅を購入した後の名義などについての疑問についてもお答えしています。難し...

住宅ローンを申しこむ上での注意点はありますか?マイホームを購入される場合、よほどの預金がある方でなければ、殆どの場合住宅ローンを組むことを選択されると思います。家は高い買い物です。失敗しないためにも住宅ローンを申し込む際の注意点をしっかり予習しておく必要があります。先ず、住宅ローンの申し込みには様々な書類が必要になります。借り入れ先の金融機関によって提出書類が異なりますので注意が必要です。殆どの場...

住宅ローン申し込みから融資までの流れはどうなっているの?住宅を購入する人がほとんど利用しなければいけない住宅ローンにはいろいろな種類があって、大きく分けると公的な融資と民間の金融機関の融資に分けられます。そして、それぞれの融資によって、融資実行までの手続きの流れは違います。現在多くの人に利用されている住宅ローンがフラッット35です。このフラット35と民間の銀行の手続きの流れは違いますので、自分が利...

住宅ローンは障害年金や遺族年金の収入で申し込みできますか?障害があって働けない場合にも借りられる住宅ローンはあるのでしょうか?現在住宅ローンを考えている人で、障害をおもちの方やご主人が亡くなってしまった方も中にはいると思います。その人達も自分で家を購入したい人はたくさんいると思います。その時に心配になるのはやはり支払いの問題で、家を建てるだけの現金があればいいのですが、なかなかそこまでの資金がない...

二世帯住宅でも住宅ローンに申し込みできる?現在一番の問題になっているのが少子化、高齢化社会の問題ですが、その中で前から言われている問題が、二世帯住宅の問題です。少し前までは二世帯住宅といえば、親は一緒に住みたくても子供がなかなか一緒に住むのには抵抗を持っていました。それはやはり嫁姑の問題が一番だと思うのですが、最近では子供の方も親と一緒に暮らす二世帯住宅に前向きだという調査の結果が出ています。その...

新築と中古物件融資する上で違いはある?新築物件でも中古物件でも、住宅を購入する時の住宅ローンの組み方は、とにかく無理のない額の借り入れをする事、そして自分達のライフプランをきちんと考えて将来の家族設計をきちんと考えた返し方が出来る住宅ローンを選ぶ事が肝心です。しかし新築物件と中古物件では、やはり計画の仕方が違ってきます。それは、手元に残しておく現金やリフォームの必要性も考えなければいけないので、そ...

住宅ローン契約で必要な書類にはどんなものがあるの?住宅ローンを組む時に必要になるものは結構あります。住宅ローンは長年に渡り、高額な金額を借り入れする訳ですから当たり前なのですが、クレジットカードなどを作るように簡単にはいきません。各機関によっても用意する書類やその枚数なども違うので、肝心な事は事前に借り入れ先に聞かなければいけませんが、おおまかに説明すると、まずは本人を確認するものが必要です。これ...

購入物件の名義が変更された場合の支払は誰がするの?住宅ローン、購入物件の名義が変更された場合には、支払いは誰がするのでしょうか?もともとの名義人でしょうか?それとも変更先の名義人でしょうか?疑問に思っている方もたくさんいらっしゃると思うので説明していこうと思います。まず、「住宅ローン」というものは住宅ローン会社からの住宅購入者に対する融資と考えてください。それならば住宅を購入の際に住宅ローンを組ん...

住宅の共有名義で注意点ってあるの?住宅の共有名義で注意点といえば単に住宅を共有の名義で持つのか、それとも住宅ローン込みの購入住宅を共有の名義にするのかでメリット、デメリットも変わってくると思います。ここで説明するのは住宅ローン込みの購入住宅の共有名義についての注意点です。住宅を購入する際、購入者本人の名義にするのが一般的です。しかし最近は夫婦などが共有名義で住宅を購入するケースが増えています。共有...

頭金0円でも住宅ローンは組めるでしょうか?住宅を建てる際には、住宅の本体の他にもいろいろな資金が必要になります。それは不動産会社への手数料、登記手数料、火災保険料、地震保険料、団体信用生命保険料、その他の諸経費など、必ず必要になる経費があります。多くの金融機関は、住宅ローンを組む際の頭金は2割を目安にしていますが、その理由はこれらの諸経費を払わなければいけない他にも、あなたがどれだけの返済能力があ...

ここでは住宅ローン返済の疑問にお答えしていきます。住宅ローンを組んだ後の毎月の返済についての疑問や住宅を売却する際の返済。ローン支払い期間中に賃貸に出す。年収が下がってしまった場合の返済などについてしっかりと確認しておきましょう。住宅ローン返済は滞ってしまうと問題が大きく取り返しのつかない事態になることもあり得ます。そんな問題が発生してしまう前にしっかりと対処していくことが重要なのです。また返済負...

毎月の返済金額は何を基準に考えたらよい?住宅ローンを組んで毎月返済していくのですが、返済金額がいくら払えるかなどで自分の収入に対して、何を基準考えたらよいのか、謎ですよね。そこでどのように基準を考えたらいいのかお答えしていこうと思います。返済負担率や完済時の年齢も考慮して家庭の経済状況から毎月の返済額を考えると良いと思います。まず最初に、マイホーム購入のときの大きなポイントとして「あの家が欲しいか...

住宅ローン支払い中に離婚した場合の返済はどうなるの?住宅ローンは大抵の場合は何十年にも渡って返済しなければいけなく、そのために他の買い物とは違い、非常に慎重な審査が必要になります。その中で一番重要なのが年収と雇用形態で、それに不足があれば担保や保証人が必要になります。さらに、夫婦であれば奥さんの年収を合算したり、奥さんが保証人になって審査をパスする事になります。その夫婦が離婚した場合の支払いですが...

住宅ローンとフリーローンの借入金を一緒にできますか?最近ではいろいろな金融機関やノンバンク等が金融商品を出しています。そしてその中には、借り換えローンや一本化ローンも出されています。借り換えローンとは、他から借りたローンを移してもらう商品で、この場合の貸出先のメリットは、その会社で利息分の利益をとれる事です。金融機関の収入源は主に利息なので、一度審査を通ったローンに対しては意外に安全なやり方なので...

住宅ローン返済に行き詰った際はどこに相談したら良いの?住宅ローンは低金利で長い期間お金を借りられるので、お金がない人にとってはなくてはならないものですが、その長い間になにが起こるかは分かりません。貸し出した金融機関などでも、その時のお客さんの状況をきちんと審査した上でOKを出して貸したのですが、お客さんの状況が変われば、その信用もなくなってしまいます。ましてやこの不景気な世の中では、リストラや会社...

住宅を売却する際は残りのローンは一括で返済しないといけない?住宅ローンが残っている中、住宅を売却した際は、残りのローンは一括で返済しないといけないのかですが、残りのローンは一括返済が原則です。以下は上記のような質問の答えとして、良くある式です。住宅売却の際に売れる条件「残債<売却する人の貯蓄額+売却する家の査定額」残債とは残存債務のことで、住宅ローンなどの未払いになっている借入残高です。この残債が...

年収が下がっても住宅ローンを借り続けられる?多くの人が将来住宅を持つことを考えていると思います。将来設計の中には結婚して、子供を授かって、そして最後には自分達家族が一生を過ごす快適な住宅を建てようと考えていると思います。そのために多くの人が貯蓄をしてその時のために備えています。しかし、近年の不景気で多くの人がその夢である住宅を建てられないでいます。その原因はもちろん住宅を建てるほどの貯蓄がまだ貯ま...

住宅ローン返済中の物件を賃貸で貸し出すのはOK?住宅は誰もが憧れるもので、将来自分が働いて結婚をすれば、自分の家を持ちたいと思っている人がほとんどだと思います。そして、もしその時がくればよほどお金を持っている人以外は住宅ローンを組まなければいけません。住宅にかかるお金は一生の中でもおそらく一番高い買い物で、その上住宅ローンの返済期間は20年、30年が当たり前です。そして、その長い期間の間には何が起...

住宅ローンのつなぎ融資って何?住宅ローンのつなぎ融資というのを聞いたことはありますか?つなぎ融資とは実際に借り入れる予定の住宅ローンの融資が実行されるまでの間に、あなたの家を建てた住宅会社などに支払いが必要な場合に、別のローンを一時的に借り入れることを言います。公的ローンのフラット35の場合にもよく問題にあります。フラット35は物件が完成してからローンの借主にそれが引き渡されるまで融資は実行されま...

ここでは住宅ローンQ&Aのその他の疑問についてお答えしています。住宅ローンの頭金の決め方や、ペアローン、プライムレートなどの用語から、住宅ローンの細かな疑問まで様々なポイントについてご案内しています。金利や返済、減税といったポイントだけではなく細かな疑問もよく出てくるのが住宅ローンですからしっかりとあなたの疑問を解決しておくことが大切です。またちょっとした疑問を放置しておくことであとあと住宅ローン...

住宅ローンは家を購入する不動産屋が決めるもの?住宅を購入する時には、まず資金計画を立てなければいけません。住宅を購入する事はいつもの買い物をするのとは違い、後で後悔するのだけは絶対にしてはいけないのです。もちろん住宅を現金で買えるほどお金がある人は別ですが、住宅を購入する時に、先に物件を探してしまうと、どうしても無理をした返済計画に陥る場合が多くなります。それは気に入った物件なので、少々思っていた...

住宅ローンを借りるのは1社?それとも複数からがイイ?住宅ローンを借りるのは、1社から借りるのが良いのでしょうか、それとも複数から借りるのが良いのでしょうか?住宅ローンはこれから何年もの長い間、返済をしていかなければなりません。そんな時、金利などのことを考えて1社から借りればいいのかそれとも複数から借りれば良いのか悩んだりもすると思います。まずここで言っておきたいのは、一つの物件に対して、複数の民間...

住宅ローンの頭金は何%ぐらいが妥当?住宅を建てる時に必ず問題になるのが住宅の頭金です。住宅を建てる時には、ほとんどの人が住宅ローンを使います。現金で一回払いする人は本当のお金持ちか、よっぽど安い物件を購入するかのどちらかです。そこで、住宅ローンを組む時に必ず聞かれるのが頭金です。頭金は自己資金と言って、その人にいくら資金力があるかをみる事にもなるので、審査の上でも多ければ多いほどいい事は当然なので...

住宅ローン借り入れ時の抵当権登記ってどうなってるの?金融機関にお金を借りて住宅ローンを組んでから住宅購入をする人が多いと思います。この場合、金融機関にはお金を借りるのに、借りる側からは何の保障も無いと、金融機関側も不安になります。そのため借りる側からの「担保」としてその購入した住宅に「抵当権」を設定します。抵当権とは物的担保なのですが、簡単に言えば「もし、借りたお金が払えなければこの住宅を差し上げ...

セカンドハウスでも住宅ローンを組むことはできる?セカンドハウスでも住宅ローンを組むことはできるのかですが、これは一般的にはできません。原則として住宅ローンは主住居用不動産用のもの、つまり自宅専用のローンです。住宅ローン減税などの対象にもなっており、住宅ローンの用途は限られています。このことからセカンドハウスを購入する用途で住宅ローンを組むことはできません。セカンドハウスをローンで購入したい場合はセ...

住宅ローンのペアローンって何?住宅を購入する時に利用しなければいけないのが住宅ローンですが、住宅ローンを組む場合には、いろいろ考えなければいけない事があります。まずはなんと言っても自分が住宅ローンを組めるかどうかです。住宅ローンは誰でも組める訳ではなく、多額のお金を借り入れするのですから、やはり信用がなければいけません。仕事的には公務員や医師や弁護士などの安定した仕事の方が良く、ただ年収が高いだけ...

住宅ローンのプライムレートって何?住宅ローンで一番重要なものはやはり金利ではないでしょうか?住宅ローンは一生の内でおそらく一番高い買い物で、住宅ローンの額も相当なものになるのが普通です。そして20年〜35年ほども払い続けなければいけない住宅ローンでは、少しの金利もトータルで物凄い金額の差が出てきます。住宅ローンの金利は、通常は市場の金利に合わせて、各貸出期間が設定している店頭金利を基準にしています...

無担保融資の総量規制は住宅ローンにも影響あるの?無担保融資の総量規制は、住宅ローンにも影響あるのかですが結論から先に言えば影響はありません。総量規制とは2010年6月に施行された貸金業法改正の一部です。対象は無担保融資により回収ができなくなって破綻する業者を防ぐことと、複数の貸付業者からお金を返済能力以上に借りている多重債務者を減らすことです。基本的に多重債務者は無担保融資により融資されていること...

住宅ローンとリフォームローンの違いは?住宅ローンとリフォームローンの違いは、住宅ローン:新しく家を建てることを目的としたローン リフォームローン:家を建て替えたり、リフォームするためのローン一言で言うとこんな感じです。しかし、用途が違うため借り入れと返済に関するシステムが大きく変わってきています。上の違いを踏まえた上で違いを見ていきましょう。● 融資額年収と負担率の割合で借りられる額が決まってきま...

土地購入だけでも住宅ローンは借りられる?住宅を建てようといろいろどこで建てればいいのか選んでいる時に、先に気に入った土地が見つかってしまう場合は少なくはありません。その場合に、特に条件の良い土地があると、他の人に取られるのが嫌なので、どうしても早めに土地だけほしくなる場合があります。その場合でも土地の購入を住宅ローンで行なう事は出来ますが、その場合は綿密に資金計画を立てる必要が出てきます。本来は、...

リフォーム料金も住宅ローンと一緒に融資可能でしょうか?あなたの周りでも最近中古住宅を購入してリフォームをした人はいるのではないでしょうか?近年の不景気で、新築の物件はどうしても将来の住宅ローンが心配で、なかなか手が出せないという人が増えています。自分の勤めている会社がいつどうなるかも分からないし、自分もいつリストラに合うかとビクビクしている人はどんどん増えてきています。そんな中で、今の所得でギリギ...

中古住宅購入でも住宅ローンは組める?住宅ローンにはいろいろな種類があります。その一番の違いは、公的な融資か民間の融資かの違いです。公的な機関が行なっているものには、旧住宅金融公庫で現在は住宅金融支援機構が行なっているフラット35や、財形住宅融資や自治体融資などがあります。そして民間で行なっている住宅ローンは、銀行、信用金庫、信用組合、JA、労働金庫、そしてノンバンクなどがあります。この中で、銀行と...