住宅ローン諸費用Q&A

金融機関で差がある?

顔

 

住宅ローン諸費用は金融機関によって差がある?


 

 

相談員

 

住宅ローンを組もうとしている方は「諸費用」というのがあるのをご存知ですか。

 

意外と知られていない諸費用なのですが、結構な金額を準備しておかないと、「諸費用をお金の計算に入れていなかった」などということもあり得るのです。

 

その諸費用が業者によって違いがあったら安くていい業者が嬉しいですよね。ではそのことについて検証していきましょう。

 

諸費用の中には、ローン契約印紙税が含まれています。これはローンの借入額によって金額が変わってくるのですが、これは税金になるので、業者によっての差はありません。他にはローン事務手数料が必要となります。

 

この事務手数料はローン会社がローン契約に関する事務手続きの費用となるのですが、これはもちろん業者によって費用の差が出てきます。

 

次に登記費用となってきます。この登記費用は司法書士の方への報酬料も含まれています。そしてこれも業者によって差があります。まず司法書士への報酬の金額が変わってくるからです。

 

そして保険関係もたくさん諸費用としてあります。団体信用生命保険、火災保険、地震保険です。任意加入のものや強制加入のものもあるのですが、これらは、その業者が提携している保険会社によって保証内容も変わってくるし費用も変わってくるので、業者間によっての費用は明らかに変わってくるのです。

 

諸費用というものは思いのほかたくさん金額がかかります。ですからローン契約をする前に必ずローン会社にどのくらいの費用がかかるのかなどを確認することをオススメします。

 


 

住宅ローン諸費用Q&Aのインデックスページに戻る

住宅ローンQ&Aに戻る

住宅ローン借り換えランキング

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 借り換えでも最安水準の低金利が魅力
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 全疾病保障保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から可能
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安くそう返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準が魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み