住宅ローン減税・控除のQ&A

住宅ローン減税とは?

 

 

住宅ローン減税とは?


 

 

 

住宅を購入する時の価格は、中古住宅の場合でも土地を含めると1000万円以上、そして新築の場合だと少なくても2000万円、3000万円は当たり前です。

 

そして、ほとんどの人が住宅を購入する場合には住宅ローンにお世話にならなければならなくて、毎月一定の金額を支払う事になります。

 

その年数も20年〜30年は当たり前です。その他にも、住宅を購入すると今まで賃貸ではかからなかった固定資産税や、年数が経てばリフォーム費用や修繕費などがかかるので、出来るだけ節約していかなければいけません。

 

それほどに住宅ローンは家計の負担になるのです。

 

住宅ローン減税とは、それらの負担を少しでも軽くしてくれる制度で、住宅ローンの残高に応じて税額を控除してくれるものです。

 

住宅ローン減税は、居住用の住宅を購入した時に借入金の一定の割合を所得税から控除してくれる制度の事で、正式な名称は住宅借入金等特別控除と言って、納税者の税金の負担を軽くする効果の他にも、住宅を購入する意欲をもたせて、世の中の景気回復を目的とされています。

 

そして住宅ローン減税は、当初は2008年に終了予定でしたが、近年の不況の影響で延長される事になり現在でも続いています。

 

そしてその内容も改正されて、控除率の引き上げや、控除の対象に住民税も加えられて、現在では最高で600万円の控除を受ける事が可能になっています。

 

住宅購入を考えている人は、住宅ローン減税が廃止される前に、住宅の購入を考えた方がいいのかもしれませんよ?

 


 

住宅ローン減税・控除Q&Aのインデックスページに戻る

住宅ローンQ&Aに戻る

住宅ローン借り換えランキング

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 借り換えでも最安水準の低金利が魅力
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 全疾病保障保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から可能
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安くそう返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準が魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み