住宅ローン減税・控除のQ&A

住宅ローン減税は受けられる?

 

 

親子共有でも住宅ローン減税は受けられるの?


 

 

 

親子でローンを共有するには2つのパターンがあります。1つは「親子ペアローン」もう一つは「親子リレーローン」です。

 

ローンによって住宅ローン減税が受けられる場合と、受けられない場合が分かれてきます。

 

親子ペアローンとは、住宅を買うときに親・子で同時に資金を出しあい、残りのローンを親子2人で同時に返済していく仕組みのローンで、ローンの返済期間を短縮することができます。

 

またローンの審査において親と子の収入を合わせた収入の合計(収入合算)でローンの審査がされるため、住宅ローンを借りる限度額が増える利点もあります。

 

このときのローンの契約内容は、親・子で2つのローン契約を単独債務として結ぶことになるため、2世帯のローン減税をすることが可能となります。

 

親子リレーローンとは、親子2世代で債務額を返済していくタイプのローンです。

 

はじめに親(借り入れ人)が返済をしていき、借り入れ人が定年などの理由で返済を終了した時点で子供(連帯債務人)のローン返済がスタートしていきます。

 

メリットとしては返済期間を長く取れるメリットがあり、借入金も2世帯なので多く借りることができることが多いです。

 

この場合、借り入れ人(親)と連帯債務人(子供)は二人ともローン返済の義務が発生するため、契約上は1つのローン契約になりますが、住宅ローン減税をうけることができます。

 

ただし、親子の借入金額、返済金額、持分割合が明確になっていなければ受けることができないので、親子ペアローンよりはわかり辛いため、しっかりと双方で話し合って決めましょう。

 


 

住宅ローン減税・控除Q&Aのインデックスページに戻る

住宅ローンQ&Aに戻る

住宅ローン借り換えランキング

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 借り換えでも最安水準の低金利が魅力
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 全疾病保障保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から可能
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安くそう返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準が魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み