住宅ローン減税・控除のQ&A

住宅ローン控除とは?

 

 

住宅ローン控除とは何?


 

 

 

多くの人が将来の夢にして頑張っている目標が、自分の家やマンションを買う事です。

 

そして、その多くの人がそれを実現させています。しかし、その夢を叶えた瞬間から、住宅ローンという重圧が自分に課せられます。

 

そして実際に、毎月の住宅ローンの返済は家計の大きな負担になってきます。それがこの先何十年も続くのですから、その負担は少しでも軽くしたいのが誰もが思う事です。

 

そのために、その負担を少しでも減らそうと作られた制度が、住宅ローン控除の制度です。

 

住宅ローン控除の目的は、住宅ローンを支払っている方の負担を減らす事が一番の制度の目的なのですが、その他にも、現在の活気のない住宅業界を活性化するためにも設けられました。

 

そして、今までの住宅税控除は、平成20年末までに住宅を購入して入居した場合、住宅ローンの残高に応じて最高で160万円が控除されるようになっていて、その制度は平成21年以降はなくなる予定でした。

 

しかし、みなさんもご存じのように世の中の景気も住宅業界の景気も全く良くならないために、住宅控除制度は、引き続き新築をうながし日本の景気を良くするためにと引き続き行なわれる事になり、さらに中身も改正されて、平成21年以降も行なわれています。

 

その改正の内容は、減税額が大幅に引き上げられ10年間で最大で500万円〜600万円が所得税と住民税の両方から控除されるようになりました。

 

実際にはいろいろな条件があるので満額控除されことは少ないのですが、是非みなさんもこのお得な制度を利用してみてはいかがでしょうか?

 


 

住宅ローン減税・控除Q&Aのインデックスページに戻る

住宅ローンQ&Aに戻る

住宅ローン借り換えランキング

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 借り換えでも最安水準の低金利が魅力
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 全疾病保障保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から可能
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安くそう返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準が魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み