フラット35住宅ローンのQ&A

民間金融機関と住宅金融支援機構の違い

 

 

住宅ローン会社と住宅金融公庫の違いは?


 

 

 

住宅ローンには、公的な住宅ローンと民間の住宅ローンが存在します。公的な住宅ローンには、住宅金融公庫融資、財形住宅融資、自治体融資などがあり、民間の住宅ローンには住宅ローン専門会社、金融機関、一部の生命保険会社がそれを取り扱っています。

 

そして、多くの人が住宅を建てる時に今まで利用してきたのが住宅金融公庫で、これは国の財政融資資金を原資にされた融資で、特徴は低金利で長期間の固定金利で融資されてきました。

 

しかし、住宅金融公庫は平成18年で廃止され、平成19年以降は独立行政法人住宅金融支援機構に引き継がれました。

 

これにより公庫の大きな役割としては、これまでの直接的な融資から、現在多くの人が利用しているフラット35という住宅ローン商品を、民間の金融機関で扱う事を支援する形をとる事に変わりました。

 

そういう訳で民間の住宅ローンで扱われるフラット35の特徴は、以前の金融公庫の特徴を生かしていて、長期固定金利の低金利で借りる事が出来ます。 その他の住宅ローン会社の特徴は、金融公庫やフラット35の商品に融資制限がつけられているのに対して、融資額制限が大きめである事、住宅に対する条件が公的な住宅ローン対して緩やかである事などがあります。

 

しかし、その反面には個人の信用がとても重要になるために審査は公的住宅ローンよりは厳しくなる事が考えられます。

 

そして金利の面では固定金利型、変動金利型、固定金利期間選択型など、いろいろなラインナップがあるのも特徴です。

 

あなたも住宅を購入する際には、あなたに合った住宅ローンを探して、満足いく住宅ローンを組んで下さい。

 


 

フラット35住宅ローンQ&Aのインデックスページに戻る

住宅ローンQ&Aに戻る

住宅ローン借り換えランキング

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 借り換えでも最安水準の低金利が魅力
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 全疾病保障保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から可能
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安くそう返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準が魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み