フラット35住宅ローンのQ&A

フラット35の金融機関による違い

 

 

フラット35は申し込みむ金融機関によって違いがあるのですか?


 

 

 

住宅を購入する時にはほとんどの人が住宅ローンを組まなければいけませんが、現在多くの人が利用しているのがフラット35という住宅ローンの商品です。

 

フラット35とは、民間金融機関と旧住宅金融公庫である住宅金融支援機構が提携して行なっているものです。

 

銀行などの民間の金融機関は、主に短期の資金で資金調達をするために、長期固定金利の住宅ローンを扱うのが難しかったのですが、住宅金融支援機構は、フラット35を扱っている民間の金融機関からフラット35を買い取って、それを担保にする債権を発行する事で長期の資金調達を行なって、民間金融機関が長期固定の住宅ローンを提供出来るようにしているのです。

 

フラット35は長期固定金利のために、返済時の金利と返済額が固定されます。

 

そして、フラット35では、保証料も、もし繰上げ返済を行なう時にも手数料はかかりません。

 

しかし、通常民間の機関では利息に繰り込まれている団体信用保険が入っていないので、その分の負担が増えるのと、借り入れまでに時間がかかるので、最初に施工業者に収めなければいけないお金を、つなぎ資金などの別融資で受けなければいけないので、その分の負担は考えておかなければいけません。

 

そして、フラット35は金融機関によって手数料や金利が異なる点に注意が必要です。

 

手数料と金利は金融機関が独自にそれらを決められるので、同じフラット35という名前が付いているからといっても同じ条件ではありませんからそれぞれの金融機関の情報を集めてどこから借りるか決めましょう。

 

特に金利の安い人気の金融機関を選ぶことをおすすめします。

 


 

フラット35住宅ローンQ&Aのインデックスページに戻る

住宅ローンQ&Aに戻る

住宅ローン借り換えランキング

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 借り換えでも最安水準の低金利が魅力
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 全疾病保障保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から可能
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安くそう返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準が魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み