Q&Aインデックス

フラット35Sと民間住宅ローンの違いは?

 

 

銀行の住宅ローンとフラット35Sの違いは何?


 

 

 

銀行の住宅ローンとフラット35Sの違いを考えたことはありますか?この二つの違いはたくさんあります。

 

簡単に大まかに言えばフラット35Sには購入住宅に対しての条件がついてくるのです。

 

ではそのフラット35Sの条件について説明していこうと思います。これは一定の基準をクリアした優良住宅を取得した場合のみ、借入後の5年間にわたって0.3パーセントの金利優遇が受けられるメリットがある住宅ローンです。

 

フラット35Sの利用を受けるには、いくつかの基準を満たす必要があります。フラット35Sの技術基準として

 

@省エネルギー性・・省エネルギー対策等級4の住宅

 

A耐震性・・耐震等級2または3の住宅、免震建築物

 

Bバリアフリー性・・高齢者等配慮対策等級3〜5の住宅

 

C耐久性・可変性・・劣化対策等級3・維持管理対策等級2または3の住宅 。

 

以上4つの基準のうち2つ以上を満たしている必要があります。基本的な融資のしくみは「フラット35買取型・保証型」と同じですが一番の大きな違いは当初5年間にわたっての金利優遇なのです。

 

ただフラット35Sは募集枠が年間を通して決まっているためいつでも申し込みできるわけではありません。もし利用を考えているなら早めの情報収集が必要です。

 

このように銀行の住宅ローンにはこのようなサービスがある銀行と無い銀行などの多種多様にわかれると思います。

 

フラット35Sは条件があれば通常よりも少ない金利で借りれるので調べて相談するのも手ではないでしょうか。

 


 

フラット35住宅ローンQ&Aのインデックスページに戻る

住宅ローンQ&Aに戻る

住宅ローン借り換えランキング

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 借り換えでも最安水準の低金利が魅力
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 全疾病保障保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から可能
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安くそう返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準が魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み