Q&Aインデックス

フラット35と民間住宅ローンの違いは?

 

 

銀行の住宅ローンとフラット35の違いは何?


 

 

 

銀行の住宅ローンとフラット35との違いは何なのでしょう?

 

フラット35がブームになった2005年頃、銀行が超長期固定金利住宅ローンをほとんど取り扱っておらず、フラット35の35年固定で低金利なところは非常に人気がありました。

 

現在では多くの銀行が超長期固定金利住宅ローンを取扱っているためフラット35に極端なメリットは感じないにくいかもしれません。

 

しかし、審査が銀行より厳しくないなど色々な些細な違いがあるので、銀行の住宅ローンとフラット35の違いを比較してみようと思います。まず商品構成ですが、フラット35は20年固定と35年固定があります。

 

銀行は変動金、短期固定金利1年〜、長期固定金利10年〜超長期固定金利20年〜など他にも商品があります。このためフラット35の売りだった最長固定金利期間は35年と銀行も一緒のところも増えてきています。融資可能金額はフラット35は購入住宅価格の90%までといわれています。ですから足りない部分は他で借りなくてはなりません。

 

銀行の場合は100%融資です。団体信用生命保険への加入はフラット35の場合は任意で別途加入になり、銀行の場合はローンに含まれるため強制加入になります。

 

借入時保証料はフラット35は不要なのに対して銀行は必要です。繰上返済手数料はフラット35は不要で銀行は金融機関により異なりますが必要な場合が多いのです。

 

このように、銀行とフラット35との違いはあまり無いように思えて意外ときちんとした違いがあるのです。この違いをきちんと認識した上で住宅ローンについて考えていったほうが良いですね。

 


 

フラット35住宅ローンQ&Aのインデックスページに戻る

住宅ローンQ&Aに戻る

住宅ローン借り換えランキング

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 借り換えでも最安水準の低金利が魅力
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 全疾病保障保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から可能
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安くそう返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準が魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み